クリーニング後のドレスの保管方法

クリーニング後のドレスの保管方法 結婚式や同窓会等でドレスを着用する機会は女性はたくさんあります。ただクリーニング後、どのように保管すれば良いのか正しく理解していない人は意外と多いです。
正しく仕舞わないと、久しぶりに取り出してシミやシワで傷んでいたということになります。適切な方法で保管すればドレスは長持ちしますので、コツをきちんと覚えておく事が大事です。
まず、クリーニングから戻ってきたら、ビニールを外して陰干しを行います。およそ1日、風に当てることで服の内側にこもった湿気を除去できるので、カビの防止になります。
その後、市販の不織布カバーで包んで、クローゼットに保管します。不織布カバーで包むことで、ドレスの形が崩れるのを防いだり、防臭効果もあります。
ただ注意したいのは、きちんと裾の長さに合うものを使用することです。あまりにも短いカバーを使うと、裾が中でもたついてシワ、型崩れの原因になるからです。
そして、仕舞った後も、定期的に取り出して陰干しを行うことでカビ・シミ・虫くいの被害を抑えることができます。

クリーニング後の布団の保管方法

布団をクリーニングに出して戻ってきた後の理想的な保管方法があり、できるだけ長くきれいな状態のままで使うためには、保管方法に気を付ける必要があります。
布団を丸洗いした後は乾燥機にかけますが、洋服と同様に湿気を少し含んでいます。クリーニング後は汚れを防止するために専用の袋に入れた状態で戻ってきますが、なるべく早めに袋から取り出して、陰干しを2~3時間を目安にして行い、湿気を十分に飛ばしてから収納することが望ましいです。
そして、自宅ではなるべく風通しが良い所に収納する方が良いとされています。押し入れで保管する際は、スーパーなどで気軽に入手することができる専用の乾燥剤を使用すると、簡単に湿気対策を行うことができます。
しかし、半年に1度くらいは押し入れから出して干すことが大切です。 それから、クリーニングに出した後しばらく使用しない時は、圧縮袋に入れることも考えられますが、布団の種類によりきれいな状態を維持できないこともあるので注意する必要があります。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>